日本拳法とは

《日本拳法概要》

 

日本拳法は故澤山宗海宗家が昭和7年に日本で初めて防具着装による実戦の

拳法を創始されたことにその歴史を発しています。安全な防具を着装することに

より,突き・蹴り・投げ・逆捕りのすべての実戦練習が可能となり,格闘技の神髄

を追求すべく日本拳法が誕生しました。

 従来,突き・蹴り技は格闘技の歴史の始まりである古代相撲においても,戦国

時代の武家の体術である柔術においても重要な決め技であったのですが,安全

性を重視するために次第に禁じ手とされてきました。

 また中国から沖縄に渡来して発展した唐手もその強力な打撃力のため,形稽

古または寸止めにての組手稽古をせざるを得ませんでした。剣術が江戸時代に

防具が創案されてから飛躍的にその技術が発達したのと同様に,日本拳法も突

き・蹴りの実戦の拳法をみがくために必然的に発生した武道と言えます。

 現在の日本拳法は3本勝負法で勝敗が決せられます。つまり,2本先取した方

が勝ちとなります。この1本は防具着装部(面・胴)に形にのっとった強烈な突き・

蹴りが決まった場合に認められます。この認定は公平を期する為に,3人の審判

員の2人以上の認定を必要とし,観客に分かり易くするために,審判員の意志表

示は旗によって進行いたします。

 また,次のような場合も1本と認定されます。

 

1.相手の身体を組み敷いて,形どおりの空突き・空蹴りを決めた時

1.逆技を決め,審判が認めるか,相手が参ったの意志表示をしたとき

1.相手の体を自分の肩の高さ以上に持ち上げた時

1.相手が故意に場外に逃げだした時

 

(大会パンフレット『日本拳法解説』より引用)

 

《日本拳法連盟競技規定》

 

第一条(勝敗) 

 

一本勝負法,三本勝負法,本数勝負法等あるが,公式競技会は原則として三本

勝負法にて行う。 

勝敗は,所定の時間内において,一本勝負法は一本先取者の勝ち。本数勝負

法においては得点多数者の勝ちとする。 

得点判定は,日本拳法連盟審判規定に従う。 

 

第二条(競技場) 

 

競技場は9m四方の正方形場内にての勝負とする。但し,正当なる理由をもって

競技場を変える(リングその他)場合,事前に連盟審判部の了承があれば,公式

競技場として認める。 

 

第三条(競技時間) 

 

勝負時間は3分間を原則とするが,競技運営上の理由により,事前に連盟審判

部の了承があれば,2分間とする場合もある。 

延長は2分間,または1分間一本勝負,あるいは延長戦の優劣判定もしくは時間

無制限一本勝負とする。 

延長の優劣判定の時,警告を受けた者は劣となる。 

 

第四条(団体戦) 

 

対試合は原則として五人制,または七人制とし,それぞれ「勝ち」「引き分け」「負

け」があり勝者数の多いチームの勝ちとする。選手が相方同数でない場合には,

制度人数の過半数あるチームは,欠場者を不戦負けとしたうえで試合を成立さ

せることができる。但し,大将を欠いてはならない。 

対試合におけるトーナメント戦の場合,団体勝負が引き分けの時,得点本数の

多少に関係なく代表者決定戦を行い,勝敗を決する。代表者jは出場者の内より

選出される。リーグ戦においては,代表者決定戦は行なわず,

同率の時  ①当該チーム同士の勝敗 

②総勝者数の多い方 

③総負者数の少ない方 

④総得点数の多い方 

⑤総失点数の少ない方 

警告の少ない方 の順にて決する。 

 

勝ち抜き試合は,相方同数の選手を持って競技し,引き分けの場合は相方退く。

大将戦引き分けの場合は延長時間無制限一本勝負とする。 

対試合,勝ち抜き試合とともに,有段者を有するチームは,大将に必ず有段者を

据えなければならない。 

 

第五条(個人戦) 

 

個人戦は原則としてトーナメント戦で行い,第三条の規定に従い競技するが,優

勝決定戦においては時間無制限一本勝負とする。三位決定等の順位決定のい

必要がある場合も同じとする。引き分けの際,原則としてはこれを認めないが,

大会特別規定により,所定時間内に受けた警告(0.5点)により,負けとなる場合

がある。 

 

第六条(着衣) 

 

拳法衣は連盟指導のものを原則として使用すること。 

品位,清潔を保つこと。 

 

第七条(防具) 

 

面・胴(内胴=胴当てを含む),股当て,グローブ(バンテージを含む)を使用し,

着衣,防具以外の物(肘当て,ひざ当て,すね当て,シューズその他加撃に有利

とみなされるもの)は着装してはならない。但し,故障箇所に対する包帯,サポー

ター等はこの限りではないが,事前に当該審判員の了解を得ることにする。 

股当ては原則として着衣の下に着装する。また,防具においても,整備と清潔を

保つこと。また,面当て(布,タオル等)は白色無地とし,面より外へ出してはなら

ない。内胴の前垂れに個人名を明記しなければならない。 

胴はグラスファイバーの上から緩衝剤としてスポンジ状の物を張りその上に更に

レザーを張った物を使用しなければならない。 

面については男子が面金の太さが8ミリ,女子については7ミリとし頭頂部まで面

金で覆われた物,且つ耳金を皮状の物で被覆した物を,平成9年度の公式競技

会より使用しなければならない。但し,全日本学生(団体・個人)選手権,全日本

総合選手権,全日本社会人及び実業団選手権の各大会においては,平成8年度

より使用しなければならない。 

第八条(運営) 

 

競技運営は,それぞれの大会規定に従い,選手個人または団体は,これを遵守

する。 

 

第九条(罰則) 

 

本競技規定,各大会運営規定に違背する団体または個人は,大会審判長の権

限で警告,負け,失格,一定期間出場停止等の罰則が与えられる。 

 

第十条(疑義,判定) 

 

競技に際しては,その勝負判定,その他競技運営等につき,選手または,監督,

いずれの者も審判員に対し抗議はできない。但し,監督(連盟に届出のある者,

または当日大会審判長宛代理の届出のあった者)にのみが競技終了(勝敗判定

)後,当該主審にその疑義を申し出,説明を受けることができる。明らかに規定

の解釈に誤りがあった場合に限り,大会審判長の権限にて再度判定することが

できる。 

その他本規定の記載なき事項については,全てスポーツマンシップおよびフェア

プレーの精神に基づき,大会審判長が競技会主催者との競技の上判断し,これ

を決する。 

 

 

《日本拳法連盟少年部審判規定》

第一条(審判) 

 

主審1名、副審2名の3審制とする。 

主審、副審は同等の権利を有するが、競技は主に主審が進行させる。 

 

第二条(表示,宣告) 

 

号令(声)、笛は付帯的なものであり、全ての表示は旗が優先する。 

競技は対面する選手に対し、「勝負始め」または「続け」の号令とともに、左右の

旗を体の前面で合わせることで開始する。 

中断、終了の際は、左右の旗をそれぞれ肩の位置の上方高く両立させる。笛は

中断の際は、断続的に吹き、終了の際の笛は、長く1回吹く。 

得点(一本)の表示は、笛を短く切れ良く吹くと同時に、得点者側の旗を高く挙げ

る。

不十分または相撃ちと判断するときは、左右の旗を体の前面で連続交差させ、

交差したところで止める。警告を与える場合は、禁止事項の内容を宣言し、警告

を受ける者に対し、人差し指で指し示す。 

得点は、3審の内2審以上が認めたときに1本とする。ただし、2審が得点表示をし

た後でも規定上疑義がある場合、3審で協議し、再判定することができる。 

何れかの審判が得点表示した場合、その瞬間に競技は中断となり、他の審判員

も同時に得点か否やかの表示をしなければならない。 

主審は、競技開始線上に戻った競技者に得点技名と1本、もしくは不十分の た

めの続行を改めて明確に宣言する。また競技終了後、蹲踞した競技者に対し、「

勝ち」または「引き分け」を宣告する。 

 

第三条(得点,一本) 

 

得点は(一本)は次の通りとする。 

 

防具着装部の所定個所「胴部(胸部、内胴の前垂部、股当部を除く)」に対し、正

しい作りをした突き、打ち、蹴りの搏技を強い撃力と冴えをともなって相手の拳足

に防御されることなく加撃した時。ただし、防御(受け)が薄弱な時は、この限りで

はない。 

連撃で相手を圧倒したとき。 

面部、頭部(後頭部を含む)、後背部及び股間部に対して正しい形と気合いをもっ

て空撃したとき。

ただし、面部、頭部への蹴り技は禁ずる。また、小学生においては股間部への技も

禁ずる 

相手が反則により、減点があったとき。 

 

第四条(場外規定) 

 

場外の定義を次のとおり定め、競技を直ちに中断する。 

 

競技場外周線から一方の競技者の両足が外側に離脱したとき。 

組打ち技の最中に競技者双方の体が全て競技場外周線から外側に離脱したとき。 

 

第五条(禁止事項) 

 

禁止事項を次のとおり定める。 

 

防具着装部以外、後頭部、背面部及び股間部への搏撃。(空撃ではなく、実際に

強打すること。特に面部への加撃は、軽微な加撃であっても意識的、連続的もしく

は断続的に加えることを禁ずる。) 

面部、頭部への蹴技は空撃であってもこれを禁ずる。(小学生においは股間部に

対する空撃も禁ずる。) 

間接逆捕技、組打ち技を禁ずる。 

相手の防具を掴むこと。 

場外へ離脱すること。 

相手を故意に場外に押し出すこと。 

仮に場内であっても、一方的に逃げ回ること。 

彼我に対する危険行為、その他競技規定に違反すること。 

 

第六条(警告,失点,失格) 

 

警告、失点、失格を次のとおり定める。 

 

(1)警告 前条の禁止事項及び防具着装不備(ひもの結び直し、または付け直し

)による競技中断に対し、警告を与え、2回で失点1とする。相手側が一本取得と

なる。以下同じ。)

(2)禁止事項に起因し、相手が負傷して競技続行が不可能となった場合は禁止

事項を犯した者を失格とする。

(3)戦意喪失し、故意に相手に背を向け、逃げの態度を取ったり、場外に離脱し

た場合は、失格とすることができる。 

警告は、3審の誰もが発することができるが、競技者に対し、警告、失点失 格を

宣する前に、規定上明らかであっても、必ず3審合議の上これを決し、主 審がこ

れを宣告する。また、失点の場合は、相手に得点一本の表示、失格の場 合は

、相手に勝ちの表示を行う。 

失格者は、3本勝負法においては、2対0の負け、本数勝負法においては5 対0

の負けとなる。 

 

第七条(疑義,判定)

 

本規定に記載なき事項及び疑義については、該当競技会の審判長の判断 (副

審判長が在る場合は協議の上)により判定する。 

 

附 則

 

この規定は、平成12年6月22日から施行する。 

 

LINK